有限会社プラス・エス
有限会社 プラス・エス [PLUS S Inc.]
(有)プラス・エス [PLUS S Inc.] ホーム ショップ&サポート トップ オンライン ショッピング サポート ソフト製品ユーザー登録 ダウンロード 各種お問い合わせ SSLについて SSL グローバルサインのサイトシール

CAM-007Pro

●リリース情報
2009.06.12 CAM-007Pro販売開始


●サポート情報
・2009.06.14 再生ソフト(プレーヤー)ついて
GOM Player (フリーソフト)
ご使用のパソコン環境によっては、動画を再生させる為のコーデックというプログラムが必要になります。
動画が再生できない場合は、動画を再生させる為のコーデックが不足している可能性があります。

動画が再生できない場合は、コーデックも一緒にインストールできる高性能無料動画プレイヤー「GOM Player」をダウンロードし、パソコンへインストールし、GOM Playerにて再生をお試し下さい。
GOM Playerのダウンロード・インストール・使用方法はplayerの提供元サイトをよく確認してください。
弊社及びメーカーではPlayerに関してのご質問には一切お答えできません。

・2009.06.14 録画ファイルフォーマットついて
CAM-007Proに録画保存されるファイル形式は「AVI1.0 XVID MPEG4」の拡張子.AVIのファイルとなります。

・2009.06.14 録画ファイルのフォーマットコンバータについて
Super C (フリーソフト)
CAM-007Proで録画したファイルをネット公開やCD/DVD等に利用される場合、普及しているフォーマットへの変更が必要となります。無論、それらの方法や対応しているソフトに対する弊社及びメーカーの保証、サポートはございませんが、弊社で試した所、幾つかのフリーソフトで動作を確認しました。
中でも英語版ではありますが、その対応フォーマットの多さもあり、「Super C」と言うソフトでお試し頂くと良いかと思います。(お試しは自己責任でお願い致します)
Super C で検索されますと、日本語でインストールや使い方の説明が載っているWebサイトがありますので、そちらを参考にされると良いかと思います。

・2009.06.25 録画ファイルのフォーマットコンバータ及びDVD作成ソフトについて
Corel DVD Copy 6 (市販ソフト 体験版有り)
直感的でシンプルな3ステップ操作で、AVCHDカメラからiPod、PSP(プレイステーションポータブル)、ニンテンドーDSまで、ファイルコンバート
シンプルな3ステップでお手持ちのデジタルデータを変換できる、定番DVDバックアップソフトの最新版です。H.264やDivX?など豊富なフォーマット対応に加え、ハイビジョンビデオコンバートやモバイルデバイスへの自動転送などさらに使いやすくなりました。Plus版では、より高度で快適な作業が可能です!

・2009.07.06 録画ファイルのフォーマットコンバータについて
AVS Video Converter 6 (市販ソフト 体験版有り)
このソフトは英国のAVS4YOU.com社製の様々な動画ファイルを変換する為のソフトです。当ページのサーキット走行サンプル動画のデータはこのソフトでカット編集し、WMVに変換したものです。走行前後の要らないシーンの削除も同時に行え、画質操作性共に良好な結果となりました。(お試しは自己責任でお願い致します)
このソフトでは、各ファイルの不要部分のカットやファイルの統合(複数元ファイルを1個のファイルで出力)したり、ファイルサイズ指定による分割出力が様々なフォーマットで可能です。
特に複雑な編集をしない場合は、値段的にもお勧めのソフトかと思います。海外メーカーのソフトとなりますが、日本語版でご利用可能です。また製品ページも日本語となってますので、比較的にお勧めかと思います。トライアル版がありますので、実際にお試し可能ですが、お試し中は弊社がアップしたサーキット走行サンプル動画のように、真ん中にスカシ文字が表示されてしまいます。
尚、購入方法として日本では聞き慣れない、1年間のサブスクリプション永久サブスクリプションがあります。
サブスクリプションとは、その有効期間中であれば、変更やバージョンアップがあると、無料で最新のソフトを利用出来る事を意味します。つまり、簡単に言うと、保証期間?が1年なのか、永久なのか・・・と言う事です。
下記のリンクより各サブスクリプションを購入されると、割引価格になる事もあるようです。

 ・1年間のサブスクリプション購入
 ・永久サブスクリプション購入

・2009.07.14 ビデオ編集ソフトについて
AVS Video Editor 4 (市販ソフト 体験版有り)
このソフトは英国のAVS4YOU.com社製の様々な動画ファイルを変換する為のソフトです。当ページの
筑波サーキット走行シーンサンプル2 (リヤビュー+α)のデータはこのソフトでザッと編集して出力したものです。残念ながら当説明を記載している時点では英語版のみとなりますが、弊社で確認したところ、来月辺りに日本語版のリリース予定との事でした。(まぁ弊社が取り引きしている海外ソフトメーカーとの過去の経験上、海外の話しなのであまり宛には出来ませんが)
タイトルやエンドロールの挿入や、シーンとシーンの切れ間をカッコ良く繋げるトランジットを入れたり、音声コメントやBGM、効果音の追加なんかも簡単です。
トライアル版は弊社が編集した
筑波サーキット走行シーンサンプル2 (リヤビュー+α)のように、真ん中にスカシ文字が表示されてしまいます。
尚、購入方法として日本では聞き慣れない、1年間のサブスクリプション永久サブスクリプションがあります。
サブスクリプションとは、その有効期間中であれば、変更やバージョンアップがあると、無料で最新のソフトを利用出来る事を意味します。つまり、簡単に言うと、保証期間?が1年なのか、永久なのか・・・と言う事です。
下記のリンクより各サブスクリプションを購入されると、割引価格になる事もあるようです。

 ・1年間のサブスクリプション購入
 ・永久サブスクリプション購入

Adobe Premiere Elements 7
御存知AdobeSystems社製のビデオ編集ソフトのホームユース版。
トライアル版もあり、実際に当カメラのデータでタイムライン編集を試せます。
尚、当ソフト自体にはコーデックが含まれておりませんので、GOM Player又はDivxコーデックを別途インストールする必要があります。

Adobe Premiere Pro CS4
御存知AdobeSystems社製のビデオ編集ソフトの最高峰。
トライアル版はありますが、MPEG関連のファイルは購入してからでないと、ロイヤリティの問題?で試せません。しかしながら、当ソフトでは多彩な編集機能でプロライクな面白い作品が作成可能です。DVDのオーサリングソフトも付いておりますので、本格的な作品が作成可能です。
尚、当ソフト自体にはコーデックが含まれておりませんので、GOM Player又はDivxコーデックを別途インストールする必要があります。

・2009.07.06 充電について
1)microSDが入ってない場合
「USBケーブルを接続後、ABのLEDが点滅状態となり、POWボタンの長押しでOFFになる」と取説に記載されていますが、PCのUSBに接続している場合は、OFFになりません。
但し、POWボタンの長押しで電源をOFFにしないで、電源接続状態で使用していても、充電は少しずつ行われます。

2)microSDが入っている場合
「USBケーブルを接続後、自動的に電源が入り、撮影開始となる。 その後、POWボタンの長押しで電源をOFFにし、3時間程度でフルチャージ」となります。(但しPCのUSBポートに繋いでいる場合はOFFになりません)
但し、POWボタンの長押しで電源をOFFにしないで、電源接続状態で使用していても、充電は少しずつ行われます。

3)microSDが入っていて、外部電源接続中の撮影の場合
電源接続連続使用時は、外部電源が直接CAM-007Proの電源部に電源を供給するのではなく、CAM-007Proの内蔵バッテリーを通して電源を供給します。
電源接続連続録画時は、電源が常に供給されているので、エンドレスに録画することが可能です。

4)PCのUSBポートへ接続し充電する場合
PCのUSBポートへ接続しても基本的には充電されますが、PCの電源やマザーボード等の仕様により安定した電源が供給されない場合がございます。安定した充電が出来ていないと本番使用時にフルチャージになっていない為、予定より早く電池切れとなる場合もございます。ご注意下さい。

5)推奨する充電方法及び手順
キットに同梱のACアダプタにUSBケーブルを刺し、カメラ(microSDカードは念のために入れておきます)に接続します。
USBケーブルを接続後、自動的に電源が入り、撮影開始となる。 その後、POWボタンの長押しで電源をOFFにし、無駄に電力を消費する事なく、充電に専念させ、3時間程度でフルチャージにします。

・2009.07.06 録音レベルについて
CAM-007Proには録音レベル調節機能はありません。
内属マイクはレンズ横の小さい穴がそうです。 サーキット走行やその他の撮影シーンで予め爆音や極度の風切り音が予想される撮影時には、内蔵マイクの穴をテープ等を貼り、物理的な入力レベルを調節してやる方法しかございません。ビニールテープで試した場合、あまり音量的には効果なく、籠もった音質になるようです。アルミテープ等の方が効果があるかも知れません。気になる方は一度お試し下さい。
(本体裏のスイッチボタン面の上部に開いている複数の穴は警告音等のスピーカー用の穴となります。)

・2009.07.14 サーキット走行時(車載撮影時)のmicroSDと録画時間について
御存知の方は御存知かと思いますが、一般的に動画のデータは前のコマとの差分(変化した箇所)を圧縮して保存します。従って、撮影時の被写体及びその周囲の環境によって、差分が多いとその分、1秒単位に必要とするデータ量も増えます。室内等の固定監視カメラの映像の場合、一般的に差分が少なくなりますが、車載ビデオとしてサーキット走行等を録画される場合、その画面ほぼ全域が差分扱いになり、その結果1秒単位の録画データが増大します。弊社でサーキット走行の撮影で出した結果では、1GBで約30分前後、2GBで1時間切る程度消費するようです。もし長時間のサーキット走行撮影をされる際には、予め余裕を保った容量のmicroSDを購入されるか、複数枚をご用意いただく方が良いようです。

・2009.07.14 マウントの形状に起因するカメラケース破損について
御使用になるマウント形状によっては左図のようにカメラ本体底面のカメラマウントネジ周囲が盛り上がる様な破損事例があります。
 
これは、上図に示すカメラマウント断面図の様に、ネジ周辺に窪みが存在するマウントをご利用の際に、想定以上の力で締められた場合に起こる可能性があります。この様な状態になってしまうと、カメラ本体のねじ穴のナットがグラグラになってしまい、正しく固定出来なくなってしまいますので、下図の断面図に示す様に、水色部分に相当する窪み部分に、ゴム製のワッシャーや、パッキン等を利用し、窪みを充填する様な工夫をして下さい。
 


●FAQ
ユーザー様よりよく御質問頂く内容の回答をまとめております。 問題解決にお役立て下さい。
録画したファイルはWindowsMediaPlayerで再生可能ですか?
弊社で確認した限りですと、WindowsMediaPlayer Ver.9.0では正常に再生されましたが、それ以降のバージョンでは、色合いその他が正しく表現されないか、又は再生されませんでした。
WMPのサポートサイト等を確認したところ、旧バージョンから最近のバージョンにアップされる際に標準でサポートされているAVI型式のXVIDのサポートが外れてしまっているようです。 よって、同コーデックをインストールして頂くか、ファイルフォーマットのコンバートが必要となります。

PCのUSBに接続し、充電出来るか?
基本的には充電可能ですが、PCの使用状況や仕様によっては安定した電源供給がされない場合がございます。 出来ましたら、付属のUSBチャージャを100Vのコンセントに繋ぎ、充電される事をお勧め致します。

録画したファイルのフォーマットを変更するには何を使えば良いか?
録画データの編集やその他に対応したソフト等は基本的にはお客様個人の自己責任においてお試し頂く事となります。こちらをご覧下さい

直接TVで再生できますか?
残念ながら直接繋ぐ為のポートはありません。但し、USB又はmicroSDのスロットがある物でそれらに記録されたAVIファイルに対応している機器であれば、再生出来る可能性がありますが、弊社及びメーカーのサポート対象外となります。お客様の自己責任においてお試し下さい。

microSDカードは何を買えば良いでしょうか?
microSDを購入される際は、動画データを高速に書き込める必要がありますので、Class6以上を推奨致します。但し、Class6であれば、どのメーカーのどのカードでも動作する訳ではなく、個々の問題で相性による問題が出る可能性が有ります事はご了承下さい。
メーカーよりの報告では過去に「KINGSTON」社製のmicroSDを使った際に原因不明で音ズレ(画像と音の同期ズレ)が起きた事があるそうです。 SanDisk社やTranscend社製のClass6あたりがお勧めだろうとの事です。
一応弊社でも動作確認の取れている4GBのmicroSDの販売を近日中(2009年7月6日現在)にオプション設定し、販売を開始します。

商品スペックページや取説に記載のmicroSDカード容量別録画時間目安通りの録画時間になりません?
御存知の方は御存知かと思いますが、一般的に動画のデータは前のコマとの差分(変化した箇所)を圧縮して保存します。従って、撮影時の被写体及びその周囲の環境によって、差分が多いとその分、1秒単位に必要とするデータ量も増えます。室内等の固定監視カメラの映像の場合、一般的に差分が少なくなりますが、車載ビデオとしてサーキット走行等を録画される場合、その画面ほぼ全域が差分扱いになり、その結果1秒単位の録画データが増大します。弊社でサーキット走行の撮影で出した結果では、1GBで約30分前後、2GBで1時間切る程度消費するようです。もし長時間のサーキット走行撮影をされる際には、予め余裕を保った容量のmicroSDを購入されるか、複数枚をご用意いただく方が良いようです。


●microSDカードについて
現在までに、弊社やメーカーからの情報を元にCAM-007 ProでのmicroSDカードの動作状況を記載しております。 無論、これが全てではなく、ロットや製品誤差による違いもあるカト思いますので、ご参考までにお読み下さい。
--microSDカードの補足--
microSDカードに起因する現象には下記等があります。
・カメラでmicroSDカード認識しない(電源投入後2回間隔のLED点滅)ケース
・USB接続時のみmicroSDカードを認識するケース
・microSDカードの認識はOKで録画時にコマ飛びや音ズレが起こるケース
・一部のファイルが破損し再生出来ないケース

防犯目的での固定点録画と違い、車載撮影時には動画ファイルの容量が極端に大きくなります。これは動画データが前コマとの差分を圧縮し保存する為です。従って、殆どのデータが差分となるような車載撮影時は1コマ当たりのデータ容量も大きくなり、それらを高速で保存する事になります。固定点録画時に問題ないメモリーカードでも、高速書込を要求される車載撮影時に書込スピードが間に合わず、コマ飛び等を起こすケースがございます。(特にClass4以下の場合)

--microSDカードの動作確認情報--
メーカー名
銘柄
動作
備考
KINGSTON
不明
メーカーより音ズレの事例報告あり ※後日再調査予定
Transcend
Class6
PCにUSB接続時認識可能な場合もあるが
カメラ単体で動作(認識)不良
日本語紙パッケージ版
Transcend
Class6
動作OK 英語透明プラパッケージ
シリコンパワージャパン
Class6
カメラ単体で動作(認識)不良   
Team
Class6
机上録画テストでコマ飛び音ズレが発生   
三菱化学メディア
Class6
動作OK Verbatimブランド
東芝
Class4
机上録画テストOKで車載録画でコマ飛び発生 書込速度不足


●録画データの破損ファイル修復方法
現在までに、特定のサポート機のメモリーカードで、一部の録画ファイル破損が2回ございました。何れの場合も、同メモリーの同じ辺り(その前後のファイルは影響なし)で現象が起こった事もあり、メモリーカード自体の個体差による動作不良と判断致しました。
お客様の御使用の環境によっては同様にファイルが破損し、再生出来ない事があるかも知れませんが、ある程度の破損であれば、修復可能な場合がございます。
下記の修復手順でお試し下さい。
但し、全ての環境において修復可能ではありません。お客様の自己責任において、バックアップ等を取り、慎重に作業を行って下さい。
バイナリーエディタソフト(BZエディタ等)と、AVI修正ソフト(AviFiXP)をダウンロードし、インストールして下さい。これらはBZエディタとAviFiXPはフリーソフトとなっております。両ソフトのダウンロードURLはGoogle等で検索して下さい。
再生出来ない破損ファイルをコピーし、このコピーしたファイルと、正常なAVIファイルの両方をバイナリーエディタソフトで開いて下さい。
バイナリーエディタソフトで正常なファイルと破損ファイルの「00000000」から「000001F0」又は「00000200」辺りまでを比較します。(一般にここはAVIヘッダー部分でこのファイル自体の内容やコーデック等の情報が入ってます)
弊社で過去2回破損したファイルはこの部分が壊れており、正しいAVIファイルと判断出来ない状況となってました。
相異部分(大体「00000000」から「000001F0」又は「00000200」辺り)を正常なファイルからコピーし、破損ファイルのその部分に貼り付け、保存します。
上記の部分に相異が無い場合、ヘッダー以外が壊れている可能性がありますので、そのまま5へ進んで下さい。
AVI修正ソフト(AviFiXP)で貼り付け保存済みの破損ファイルを開きます。
AVI修正ソフト(AviFiXP)で修正(Fix)を実行します。
正常終了した旨のステータスが表示されれば、修正完了です。プレーヤーで再生して試して下さい。
もし、ステータスにエラーが表示された場合は、4での相異部分の手修正が不完全か、またはそれ以外で壊れているケースとなりますので、この手順では修正出来ません。


●テクニカルサポート(その他御質問)
弊社販売のCAM-007Proに対するご質問はFax又はEメールにて御願い致します。
尚、修理等に関してはメーカーにお尋ね下さい。
■Fax:048-857-6716
■Eメール:support@pluss-inc.com
■宛先:テクニカルサポート担当

・製品名:
・購入時期:
・お名前(法人の場合は会社名、部署名、担当者名):
・お電話番号(日中ご連絡可能な番号):
  ※ケースにより担当よりご連絡させて頂く事があります
・Fax番号:
・Eメールアドレス:
  (Yahoo、MSN等のフリーメールでは迷惑メールの扱いとなる場合があります)
・お使いの環境:
・現象/ご質問内容(詳しく)
・ご希望のご連絡方法  □Eメール  □Fax
・弊社よりの製品情報等、キャンペーン等のご連絡(DM等)をご希望されますか?
  □希望しない
  □希望する
     □Eメール  □Fax  □郵送


●ご意見ご要望
CAM-007Proに対するご意見やご要望があれば、弊社サポートまでメールにてお知らせ下さい。
 support@pluss-inc.com

Copyright (C) 2006 PLUS S, Inc. All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー