有限会社プラス・エス
有限会社 プラス・エス [PLUS S Inc.]
(有)プラス・エス [PLUS S Inc.] ホーム ショップ&サポート トップ オンライン ショッピング サポート ソフト製品ユーザー登録 ダウンロード 各種お問い合わせ SSLについて SSL グローバルサインのサイトシール

LookFont サポートページ

●リリース情報
2011.02.21 Ver.2.0.0販売開始
2011.03.01 Ver.2.0.1リリース開始
2011.03.04 Ver.2.0.1自動アップデート開始


●リリースノート
■Ver.2.0.1
Windows Vista/7でUAC(ユーザーアカウント制御)の設定レベルによって、インストール・ランチャー画面より各インストーラが起動しないケースがあるのを改善。(インストール・ランチャーのみの改善)
一部他社製アプリへのペーストの文字コードによる親和性を改善。
従来では20個までだった「お気に入り」リストの最大登録数を「設定」でユーサー設定可能に変更。
「お気に入り」リストの登録数が最大登録数になった以降のメッセージ表示と動作を修正。
ユーザーズガイドとオンラインヘルプを最新に更新。

Ver.2.0.0
Windows Vista/7の32/64Bitへ正式対応
「お気に入り」リスト機能の追加
「候補」リスト機能の追加
Adobe CS5シリーズ、Microsoft Office2010シリーズ、Justsystem2011シリーズ、CorelX5シリーズへのペースト動作対応


●サポート情報
■PC乗り換えやハード構成変更で起動毎にライセンス認証画面が表示される場合について
これには下記の2つのケースが考えられます。
特にエラーメッセージはなく起動毎にライセンス認証画面が起動する場合
この場合、多くはWindows Vista/7から導入されたUAC(ユーザーアカウント制御)やセキュリティソフト(ノートンやウィルスバスター等)により、ライセンス認証が完了している事を、レジストリ等へ更新しようとしてブロックされたり、UACの保護下にある「Program Files」の下にインストールされた場合、同様に更新出来ずにライセンス認証画面が毎回起動します。
これを回避するには下記を確認して下さい。

・セキュリティソフトを停止する。(希にセキュリティソフトによっては不具合で停止しない物があります)
・UACのレベルを下げる。
・インストール先をUACの保護下から変更する。
・管理者権限を持つアカウントでWindowsにログインし、利用する。(インストールも同じアカウントで)

「ライセンス認証時のコンピュータIDから許容を超えた値を検出しました」エラーが発生する場合
この場合、ライセンス認証後のハード構成の変更や、インストール後に旧PCからインストール先のファイルを不正にコピーした場合等が考えられます。
ライセンス認証で使うコンピュータIDは、それぞれのコンピュータの環境によって、自動的に自動生成します。
よって、同じ環境下の同じ構成のコンピュータでも同じコンピュータIDとなる事はありません。
弊社のライセンス認証を利用したソフト製品は全体で数万個以上出てますが、このエラーが発生した件数は非常に僅かとなっております。(つまり通常ではこのエラーは発生しません)
但し、当エラーが発生した場合のツールをご用意しております。下記の手順に従いご利用下さい。
@ こちらより「LicCheck11.zip」をダウンロードし、問題のPCの任意のフォルダ(新規作成した空のフォルダ)に保存します。
A マイコンピュータ(又はコンピュータかエクスプローラ)で保存先のフォルダを表示し、圧縮ファイルであるLicCheck11.zipを解凍して下さい。
B 以降は管理者権限を持つアカウントで実行します。
解凍された2つのファイル(setup.exeとSetupLicCheckForLookFont.msi)の中のsetup.exeをダブルクリックで実行して下さい。
C 表示される画面の流れに従い、インストールを完了します。
D 「スタートメニュー」→「全てのプログラム」→「PLUS S」→「ライセンスチェック for LookFont2」→「ライセンスチェック for LookFont Ver.2」を起動します。
E LookFont Ver.2のインストール先のフォルダを確認し(初期値と違う所にインストールされている場合には変更して下さい)、[チェック開始]ボタンをクリックします。
F メッセージボックスでチェック結果の出力の有無を確認してきますので、[はい]をクリックし、チェック結果をファイルに出力して下さい。
G メッセージボックスでチェック結果ファイルの出力先を知らせて来ますので、メモして置いて下さい。(通常、このライセンスチェックツールのインストール先に出力されます)
H チェックが完了すると、ツール画面の@〜Dに結果が表示されます。
I 出力されたチェック結果ファイル(LookFont2チェック.txt)をメールに添付し、プロダクトキーとエラーの状況等の詳細をサポート担当 : support@pluss-inc.com まで送信して下さい。
J 弊社サポートにてライセンス状況を解析し、暗証コードをお知らせ致します。
K )「スタートメニュー」→「全てのプログラム」→「PLUS S」→「ライセンスチェック for LookFont2」→「ライセンス補正 for LookFont Ver.2」を起動します。
L LookFont Ver.2のインストール先のフォルダを確認し、(初期値と違う所にインストールされている場合には変更して下さい)、弊社からの暗証コードを入力して[修正]ボタンをクリックします。
M 無事終了したら、LookFont Ver.2を起動して、ライセンス認証が出て来ないのを御確認下さい。

■ライセンス認証後のユーザー登録画面等での日本語入力について
ライセンス認証画面でのオンライン認証後のメッセージで選択されますと、ユーザー登録画面が起動しますが、Windows7の一部の環境において、お名前等の欄で日本語入力が出来ないとのご報告がありました。現在までのところ、日本語入力にJustSystem社のAtoK2011をご利用されている一部のお客様のみに発生しているようです。(全てのお客様ではございません) 現在調査しておりますが、同様の現象が起きた場合、一時的に日本語入力をIMEに変更して頂ければ特に問題なく日本語入力が可能な事を確認しております。
これは、XP、Vista、7でIEのバージョンに依存し、日本語入力が出来なくなると言う現象に類似又は深く関係があるようです。弊社のプログラム上では日本語入力に対する規制や制御は一切行ってません。IEやOS、日本語入力機能に関するアップデートやサービスパックにて改善される可能性が高いかと思われます。引き続き調査致しますので症状の出ているお客様へは大変ご迷惑をお掛けしますが、現象が出た場合、取りあえず日本語入力機能をIME等へ一時変更して回避して下さい。

■Windows Vista/7環境での自動アップデート機能についてのご注意(UACの変更)
Windows Vista以降では、UAC(ユーザーアカウント制御)と言うセキュリティの設定が増えました。UACでは、アカウントの権限をチェックし、インストールやファイルへのアクセス制限やアプリケーションの動作制限等を行うものです。(通常UAC機能はONとなってます)

UACがONの状態ですと、自動アップデートがセキュリティでブロックされ、エラーとなる事があります。
Windows Vista / 7でのUAC(ユーザーアカウント制御)の設定変更
Windows Vista
Windows7
操作補足
スタートメニュー」より「コントロールパネル」をクリックします。

以降、左の各OSの画面イメージの必要な箇所に
赤枠で強調表示しています。各画像をクリックすると、拡大イメージが表示されます。
コントロールパネル」の画面が起動したら、
Vistaの場合「
ユーザーアカウント」 
7の場合「
ユーザーアカウントと家族のための安全設定
をクリックする
Vistaの場合「ユーザーアカウント
7の場合「
ユーザーアカウントと家族のための安全設定
の画面が起動します。
画面内の「
ユーザーアカウント」をクリックします。
Vistaの場合「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化
7の場合「
ユーザーアカウント制御設定の変更
をクリックします。
Vistaの場合「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを外します。
7の場合「
ユーザーアカウント制御設定」のスライドバーを一番下(「通知しない」)まで下げます。
各々画像の状態である事を確認し、「OK」ボタンをクリックし、終了します。
尚、これらUACの設定変更は自動アップデート時だけ変更するようにして下さい。弊社でUACの設定OFFを推奨するものではありません。

プロダクトキー、ユーザーコード、Regコードについての補足
製品に付属するプロダクトーには下記の半角文字のみを使用しております。
  英数字・・・・0(ゼロ)〜9(キュウ)
  アルファベット・・・
I(アイ),O(オー),Q(キュー),V(ブイ)を除く大文字A〜Z

製品にの手動任所画面のユーザーコード、Regコードに関しては下記の文字のみを使用しております。
  英数字・・・・0(零)〜9(九)

■ライセンス認証及びアンインストール認証時に表示されるエラーコードと内容一覧
ライセンス認証及びアンインストール認証で通信エラー等によるエラーメッセージが表示される事があります。
エラー時のメッセージにエラーコード(又はトリガーエラーコード)が表示された場合は下記のエラーコードとその内容を御確認下さい。おそらく、一般的な環境では、#7以外のエラーコードは殆どでないかと思います。

通信エラー関連
トリガーコード#0
ソフト内部のアプリケーションエラー
トリガーコード#1
Windowsの通信ソケット開始エラー
トリガーコード#2
Windowsの通信ソケットはホスト名(コンピュータ名)の解決が出来ませんでした。
トリガーコード#3
Windowsの通信ソケットの作成に失敗しました。
トリガーコード#4
Windowsの通信ソケットはサーバーに接続出来ませんでした。
トリガーコード#5
Windowsの通信ソケットはデータの送信に失敗しました。
トリガーコード#6
Windowsの通信ソケットはデータの受信に失敗しました。
トリガーコード#7
ライセンス認証残数がありませんでした。ライセンスで許可された認証回数(又はPC台数)がオーバーしています。他のPCでアンインストール及びアンイストール認証を行って下さい。
トリガーコード#8
ラインセンス認証サーバーからの反応が無効です。
トリガーコード#9
メモリー確保失敗
トリガーコード#10
Windowsの通信ソケットはプロキシーサーバーを解決出来ませんでした。
トリガーコード#11
インターネットに接続されていません。
トリガーコード#12
インターネット接続の処理が無効です。
トリガーコード#13
インターネットに接続されていません。
トリガーコード#14
SWK内部エラー
トリガーコード#15
Windowsの通信ソケットの接続エラー
トリガーコード#16
Windowsの通信ソケットのバッファーオーバーフロー
トリガーコード#17
ネット接続が不完全エラー
トリガーコード#18
プロキシーサーバーのログイン失敗
トリガーコード#19
ライセンス認証サーバーがダウンしてます。
トリガーコード#20
ライセンス認証サーバーのファイルエラー
トリガーコード#21
ライセンス認証サーバーのファイルが存在しない(FTP)
トリガーコード#26
(無効なIDとパスワード)

ライセンス/ファイル関連
ファイルエラー#0
関数の呼び出しに失敗しました。
ファイルエラー#3

ライセンスファイルを操作できません。ユーザがこのファイルを変更する許可を得ているか確認してください。Windows NTベースのOSでは、問題のファイルにおいて、少なくともパワーユーザ許可を行っていることを確認します。

ファイルエラー#5

問題のディレクトリとライセンスファイルが読み取り専用でないことを確認してください。さらに、このディレクトリにこのファイルを書き込むアクセス権がユーザにあることを確認してください。

ファイルエラー#6

これは多くの理由で起こるかもしれません。この問題のトラブルシューティングなど、さらに詳しい情報に関しては、テクニカルサポートに連絡しれください。

ファイルエラー#7
ファイルとそのファイルを含むフォルダに対して、ユーザが正確な許可を得ていることを確認してください。
ファイルエラー#8
ライセンスファイルが壊れている可能性があります。
ファイルエラー#9
ライセンスファイルを作成できませんでした。最も一般的な理由はユーザのセキュリティ制限によります。
ファイルエラー#10
ライセンスファイルを削除できませんでした。ファイルが現在使用中であるかまたは、ユーザにはそのコンピュータにおける適切なセキュリティ権がないかのどちらかです。
ファイルエラー#12
内部エラー。さらなる支援を必要とする場合、テクニカルサポートに連絡してください。
ファイルエラー#15
ライセンスファイルが見つかりませんでした。インストールされた環境が壊れている可能性があります。
ファイルエラー#16
ライセンスファイルの読み取り、あるいはダイアログボックスを作成するかのどちらかにメモリを割り当てることができませんでした。他のプログラムを終了し、再度お試し下さい。
ファイルエラー#24
コンピュータIDが見つからないかまたは、一致しませんでした。
ファイルエラー#30
現在の日付が、ライセンスファイルに保存された最終使用日時よりも古いです。通常、システムクロックを巻き戻した時に起こります。
ファイルエラー#31
ライセンスファイルをロックできません。通常、ユーザが不適当な許可を得ている場合に起こります。
ファイルエラー#37
ライセンスファイルは既にロックされています。
ファイルエラー#38
ライセンスファイルの内部の検査合計を確認できませんでした。これは、ライセンスファイルが操作されたか不正であることを示している可能性があります。
ファイルエラー#42

ファイルエラー#46
レジストリに対する、不適当なユーザ許可があります。レジストリ内のエイリアスが適切に作成されるように、必ず最初にAdministratorでプログラムを実行してください。
ファイルエラー#65
ライセンス認証サーバーからの応答を、正しく解析できなかった場合にエラーを返します。通常、無効なデータが送られた場合に起こります。


●FAQ
ユーザー様よりよく御質問頂く内容の回答をまとめております。 問題解決にお役立て下さい。
一太郎2011プレミアムにバンドルされているモリサワのフォントが表示されない
基本的にLookFontに表示出来るのは、コントロールパネル下のフォント一覧で表示されるフォントのみとなります。(一時インストールされたフォントは除く) JustSystemの一太郎2011プレミアムにバンドルされているモリサワのフォントは一太郎以外では利用出来ないフォントのようです。詳細に関してはJustSystemのサポートへお問い合わせ下さい。Windows7でのコントロールパネル下のフォント一覧の表示は
 「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「フォント」
で確認出来ます。

CDをドライブに入れてもCDが読み込めない、又は途中でリードエラーが出てインストール出来ない
弊社ではプレスCD-ROM(大量生産)ではなく、国内有名メーカーのTDK(太陽誘電)製CD-Rによる少量製産でパッケージを作成しております。これは、大量生産による不良在庫等の無駄を省き、常に最新の製品をお客様へお渡しする事を目的としております。通常の場合、現在販売されているCD/DVDドライブで問題無く読込可能な筈ですが、希にお使いのドライブのドライバーやファームやピックアップの劣化等が原因で読込不良となるケースがございます。お客様の環境でリードエラーが出たCDを回収し、弊社の10数台のPCでテストしても、現在までのところ、全く問題なく動作しますので、弊社でご用意したCDのフォーマットに対応出来ていないか、又はドライブのピックアップの劣化等が原因となっているようです。この場合、弊社の別メディアでお送りしても、ほぼ解決しませんので、申し訳ありませんが、環境(ドライブ又はPC)を換えてインストールして頂くか、他のPCのドライブよりネットワークで読み込むか、又は、弊社サイトより、インストーラを直接ダウンロードして頂く事で、回避して下さい。

■インストール時のセキュリティや権限について
管理者権限を持つWindowsのアカウントでログインし、行って下さい。環境によっては、CDを挿入した際に、自動起動されない事があります。またインストールやアンインストール、及び実行時に管理者権限を要求するような警告が出る場合がございます。 その場合は、許可して先へお進み下さい。
インストールやアンインストール、自動アップデート時にUAC(ユーザーアカウント制御)のレベルによっては、実行できなかったり、エラーとなる場合がございます。もしUACのレベルが高い場合は、少しずつ下げてみて下さい。
インストールやアンインストール、自動アップデート時にはセキュリティソフトや、Windows等のファイアウォール等で通信や実行をブロックされないように、一時的に停止して下さい。但し、インストール時の報告は現在までにありませんが、希にセキュリティソフトによっては、一時の出来が悪い物があるらしく、一時停止しても実際にはブロックし続ける物が過去の事例にありました。
(このセキュリティソフトのケースではセキュリティソフトのアンインストールで正常動作するようになりました)
インストールやアンインストール時のライセンス認証やアンインストール認証、自動アップデート時のインターネット経由の通信を行いますので、ご注意下さい。

■インストールCDについて
@現象
CDが全く認識しない。
CDは認識するが、インストールランチャーの方からのインストールが出来ない(始まらない)。又はエラーが出る。
CDは認識し、ランチャーからインストールが開始するが、途中でCDへのアクセスが頻繁に起こり、先へ進まない。又はイストール途中でエラーが発生する。
A対策
下記の方法(何れか又は全て)でインストールをお試し下さい。
WindowsVista/7の場合、UAC(ユーザーアカウント制御)との関係で、ランチャー画面(黄色背景でオレンジ色ボタン)からの各インストーラの起動が出来ない可能性があります。一端起動しているランチャーをExitボタンで終了し、エクスプローラ又はコンピュータを起動し、CDのドライブを表示します。CDをダブルクリックするとインストールランチャー画面(黄色背景でオレンジのボタンの画面)が起動してしまう場合には、CDドライブの右クリックで「開く」を選択する。

CDの中に
AutoRun(又はAutoRun.Exe)があります。表示の状態によってはAutoRunのみの表示で2個出てくる場合がございます。アイコンが水色のモニタ画面の様なアイコンのAutoRunを右クリックし、「管理者として実行」をご選択下さい。
エクスプローラでCDを開き、CDの内容(フォルダもファイルも全て)を、HDDに新規に作成したフォルダ下へコピーします。フォルダ内のAutorun.exeを起動すると、インストールランチャーが起動します。
CDが読み取り可能な他のPCのドライブをネットワークで開き、インストールするか、HDDに新規に作成したフォルダ下へコピーします。上記、Autorun.exeを起動すると、インストールランチャーが起動します。
CDが読み取り可能な他のPCで、CDのドライブをエクスプローラで開き、USBメモリー等にコピーし、問題のPCへインストールします。USBメモリー上のAutorun.exeを起動すると、インストールランチャーが起動します。
弊社サイトより、インストーラのダウンロードを行う。
https://www.ss.pluss-inc.com/dl_newest/dl_newest.asp
こちらのURLより、何時でも同一メジャーバージョンの最新のインストーラをダウンロードが可能です。こちらを一度ダウンロード頂き、HDD内に保存し、エクスプローラ等でダブルクリックして実行して頂ければ、CDに収録された内容が、解凍されます。(フォルダを新規に作り、そのフォルダに解凍して下さい)解凍されたフォルダ内のAutorun.exeを起動すると、インストールランチャーが起動します。
弊社より新しいCDをお送り致します。但し、同じCDとなるので、お手元のCD自体に問題が無かった場合は、同じ状況が再現する可能性があります。

自宅のデスクトップPCとノートPCの両方にインストールしたいのだが、可能か?
パッケージ販売版、ダウンロード販売版の全てはPCにつき、1ライセンスが必要となります。(1つのPCにつき1つのプロダクトキーが必要です) 申し訳ありませんが、必要な台数分のライセンスをご購入下さい。企業様や学校等の教育機関で大量にご利用の際は、お得なボリュームライセンスをご利用下さい。詳しくは弊社セールス担当までご連絡下さい。

Illustrator Ver.9にコピペ出来るか?
Illustrator Ver.9に関してはおそらく、動作すると思いますが、その他のソフトを含め、過去のバージョンは弊社に環境が無かったので試しておりません。 表記されているコピー&ペースト対応確認済み他社ソフト一覧に無いバージョンに関しては、トライアル版で一度お試し下さい。

XXXXフォントやOOOOフォントは含まれていますか?
LookFontはフォント素材集ではありませんので、当ソフト自体にはフォントは含まれてません。 一覧表示される際のフォントはお客様自身がお持ちのフォント(PCにインストールされているフォント又は所有されているフォント素材等)で一覧表示します。

TrueTypeだけでなく、OCF、CIDやOpenTypeなどにも対応しているのでしょうか?
基本的にOS(Windows)でインストール(登録)可能なフォント型式に対応してます。 よってMac固有のフォント型式の物は表示出来ません。 OpenTypeつまり、拡張子がOTFの物に関してはWindowsでサポートされていますので、無論表示可能です。

Mac版はないのでしょうか?
Mac版は開発予定でおります。 但しスケジュール等の関係で、現在の所いつぐらいに着手するかは未定です。


●オンラインヘルプ
ユーザーズガイド(PDF)をご覧下さい。


●ユーザー専用メニュー
LookFont Ver.2のユーザー登録はこちら


●コピー&ペースト対応確認済み他社ソフト
以下の他社製ソフトは弊社又はユーザー様よりのご報告に基づき作成されております。 カッコ( )内はそのバージョンを指します。 各社名、ソフト名は各社の商標又は登録商標であり、ここでの記載は識別のみを目的としています。

Adobe Systems
Illustrator (Ver.10 CS CS2 CS3 CS4 CS5)
Photoshop (Ver.7 CS CS2 CS3 CS4 CS5)
Pagemaker (Ver.7)
Acrobat (9 Pro Extended) 注:表記以下のバージョンでは試してません
Flash (MX* MX2004* CS3 CS4) (*:Macromediaのバージョン)
FrameMaker (9) 注:表記以下のバージョンでは試してません
LiveCycleDesigner (CS4 CS5)

Microsoft
Word (98 2000 2003 2007 2010)
Excel (2000 2003 2007 2010)
PowerPoint (98 2000 2003 2007 2010)
Publisher (2000 2003 2007 2010)

COREL
CorelDESIGNER (Ver.10 X4 X5)
PaintShop Pro (Ver.7 X X2 X3)
PHOTO-PAINT (X4 X5)
CorelDraw (X4 X5)

JUSTSYSTEM
一太郎 (2006 2008 2009 2010 2011)
花子 (2011)
一太郎 (2006 2008 2009 2010 2011)
三四郎 (2010)

動作確認他社ソフト情報ご提供のお願い
上記一覧に無いソフト、バージョンでの動作確認情報をお待ちしております。
情報をご提供頂ける場合はサポート担当support@pluss-inc.comまで下記のフォーマットでお知らせ下さい。
・LookFontのバージョン:
・ソフト会社名:
・ソフト名:
・バージョン:
・エディション:
・備考/補足:
・情報ご提供者様のお名前(会社名):


●テクニカルサポート(そのたの御質問)
LookFontに対するご質問はFax又はEメールにて御願い致します。
尚、テクニカルサポートにはユーザー登録が必須となります。 ユーザー登録がお済みでない場合は、先に登録を完了して下さい。
■Fax:048-857-6716
■Eメール:support@pluss-inc.com
■宛先:テクニカルサポート担当

・製品名:
・製品バージョンNo.:
・製品プロダクトキー:
  ※プロダクトキーはCD版は同梱されていた冊子に記載されております。
・お名前(法人の場合は会社名、部署名、担当者名):
・お電話番号(日中ご連絡可能な番号):
  ※ケースにより担当よりご連絡させて頂く事があります
・Fax番号:
・Eメールアドレス:
  (Yahoo、MSN等のフリーメールでは迷惑メールの扱いとなる場合があります)
・お使いの環境
  OSとそのバージョン:
  CPUと周波数:
  ハードディスク容量(Cドライブの使用容量):
  ハードディスク容量(Cドライブの空き容量):
  メモリー:
  MSOffice: □有/□無  バージョン(有の場合):
  IEのバージョン:      IEサービスパック:
  ウィルスチェックソフト: □有/□無  銘柄(有の場合):  バージョン(有の場合):
  その他:
・現象/ご質問内容(詳しく)
・ご希望のご連絡方法  □Eメール  □Fax
・弊社よりの製品情報等、キャンペーン等のご連絡(DM等)をご希望されますか?
  □希望しない
  □希望する
     □Eメール  □Fax  □郵送


●ご意見ご要望
LookFontに対するご意見やご要望があれば、弊社サポートまでメールにてお知らせ下さい。
 support@pluss-inc.com

Copyright (C) 2006 PLUS S, Inc. All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー